News Clip

*下記、DeepL.comによる自動翻訳を利用し、本文を表示しております

  

 1 つの土地で複数の作物を同時に栽培するインタークロップ(間作)は、低投入農業だけでなく、集中的な農業でも収量を大幅に増加させ、肥料の使用量を減らすことができます。ワーゲニンゲン大学&リサーチ(WUR)の科学者たちは、中国の同僚と共同でこの結論に達した。彼らは、ネイチャープランツ誌にその結果を発表した。  農家は、私たちが覚えている限り長い間、間作を適用してきました。支配的な考えは、この方法は、主に低投入農業や、アフリカ、アジア、ラテンアメリカの一部など、低コストの労働力が利用でき、肥料が高価であったり、利用できない地域で利益をもたらすというものだった。WURの研究者と中国農業大学の同僚たちは、過去に実施された226件の実験の大規模なメタ分析を行った結果、間作は肥料の使用量を減らしながら、少なくとも集中的な農業の大幅な高収量化に貢献できることを発見しました。

ストリップ

 間作は、同じ状況下での集中農業の単作に比べて、単位面積当たりの収量が 16-29%増加しているように見える。この収量の増加は、中国で頻繁に行われている「リレーストリップ間作」と呼ばれる間作法を利用した場合に最も顕著である。この方法は、生育期が異なる作物を幅1~1.5mの帯状にまとめ、1本の帯状に数列の作物を配置するもので、中国では「リレー帯間作」と呼ばれています。

最適利用

 例えば、小麦、大麦、広角豆などは春の生育が早いのに対し、トウモロコシは後から播種したものは夏に生育のピークを迎えます。このように生育期間が異なることで、単作よりも一年を通して利用可能な太陽光、水、養分を有効に利用することができます。これまでの研究では、間作の利点として、病気や疫病から作物を守るための灌漑や農薬の使用量が少なくて済むことが明らかになっています。

可能性とハードル

 例えば、新しく軽量化された農業機械の導入、農家の受け入れ、地域の生育状況に応じた最適な品種の組み合わせ、空間構成、管理など、まだまだハードルがあります。しかし、李春傑氏の研究は、低投入農業と高投入農業の両方で持続的に収量を増加させる可能性を含め、間作の大きな可能性を示しています。増え続ける世界の人口を持続的に養うためには、これらの機会を無駄にするわけにはいきません」と、共同研究者で共著者のWopke van der Werf氏は述べています。ヴァン・デル・ヴェルフ氏は、WUR作物システム分析センターの准教授である。

研究結果は、6月1日にNature Plants誌に掲載されました。論文は博士号候補のChunjie Liさんの論文に基づいています。彼女は9月16日(水)に論文を発表します。