News Clip

*下記、DeepL.comによる自動翻訳を利用し、本文を表示しております

  

 先月、食肉産業が直面している課題は、多数の労働者がウイルスに感染した後、大規模な加工工場が閉鎖を余儀なくされたことで、トップニュースになりました。今月は、青果物業界の労働者全員がウイルスに感染し、夏の果物や野菜の収穫を脅かしています。世界の他の地域でも同様の労働力不足が発生しており、イギリスの#PickforBritainキャンペーンはその一例である。しかし、人手不足は農業にとっては何も新しいことではない。アメリカ西海岸は何年も前からこの問題に苦しんできた。米国や英国のように他国から労働力を輸入することは持続可能で効率的なのだろうか? 食品・農業産業における自動化の時代は今だ。しかし、ロボットは解き放たれる準備ができているのだろうか? ベンチャーキャピタルの資金調達が進歩の兆しであるならば、答えはおそらくノーである。

 マーク・アンドレセンが有名な言葉であるように、「ハードウェアはハード」であり、ロボット工学はハードウェアの縮図である。さらに、農業分野のイノベーターが直面している過酷な条件、例えば土、天候、限られた接続性などを考慮すると、その条件はさらに厳しいものになります。加工の最終段階でも、反復的な作業ではありますが、多くの場合、農産物のような反復性のないデリケートなものが対象となります。  他の産業が人工知能ツールの採用を加速させ、部品コストが低下しているのに伴い、技術スタックが進歩しています。  AgFunderでは、私たちはここで深く掘り下げて、屋内と屋外の両方のロボット企業に投資してきました。しかし、このセグメントをアグリフード分野で意味のあるツールとしてスケールアップさせるためには、より多くの投資とイノベーションが必要であることは明らかだ。  この分野に内在する課題を議論し、COVID-19後の世界でどのように前進させるかを議論するために、我々は道をリードしていると考えている2つのロボティクス新興企業、RootAI(開示:AgFunderのポートフォリオ会社)とBear Flag Roboticsとのウェビナーを開催することにした。