News Clip

  

 新型コロナウィルスは世界的に拡大し続けているものの、欧米ではむしろこのコロナ禍を機会に産業構造をどうやってより良い方向に変革していくか、という論調が多く見受けられる。これは、コロナによる問題をただ書き連ねる段階から、どのように昔の状態に戻せばいいかを議論する段階を経て、これを奇禍として構造改革を進めるという目線に移ってきた感がある。(もちろん、もし大きな第二波が発生すればより現実的な話題に戻るであろうことは容易に予想できる。)すなわち、コロナ禍を経た生産体制及びサプライチェーンの再構築において、どのようにIOT等のテクノロジーを活用できるのか、SDGsの観点から、収量に対する肥料の使用あるいは環境保全をどう折り合いをつけるか、特に途上国における児童労働の問題をこれをきっかけに解決できないか、といった観点である。